アクセス

診療時間

TEL
24時間ネット予約

なぜ歯を大切にしなければいけないのか

生涯でたった一つしか「ブランドバック」を持てないとしたら・・・

もし生涯でたった一つしかブランドバックを持てないとしたら、あなたならどうしますか。
※ブランドバックに興味のない方は、車やアクセサリーなど自分の大切なものに置き換えて考えてみてください。

おそらくそのバッグをとても大切にすると思います。
少しでも水に濡れたときはすぐに拭き取ったり、普段から丁寧にクリームを塗ったり、メンテナンスには余念がないと思います。
ほつれや擦り傷などの故障を見つけた時は、すぐに修理をすると思います。

なんといっても、生涯で一つしか持てないバッグです。
とても大事にすると思います。

歯はどうでしょうか。
あなたの歯(永久歯)は生涯で一度しか生えてこないものです。

「虫歯ができたら、削って詰めたらいい」
「歯が抜けても、入れ歯にしたらいい」

もしかしたら、あなたは今まで歯のことをあまり大切に考えていなかったかもしれません。
しかし、今からでも遅くはありません。
生涯で一つしか持てないブランドバッグの様に、歯のことも大切に扱ってあげてください。



80歳の自分を想像してみてください

日本人の平均寿命は女性が86歳、男性が80歳を超えています。
80歳を超えることも珍しいことではなくなりました。
そこで、あなたが80歳になった時のことを想像してみてください。
その時のあなたの楽しみは、何だと思いますか?

テレビですか?
番組内容は若者向けに作られているので、だんだんとつまらなくなっていきます。

おしゃべりですか?
友達と集まるのが難しくなります。
電話で話すにしても相手の都合があります。
長話をすると、通話料がかかります。
耳が遠くなってしまい、会話そのものが難しくなっているかもしれません。

買い物ですか?
年齢を重ねて行動が制限されてくると、欲しいものも少なくなり、買い物を楽しむ気持ちも薄れていきます。

旅行ですか?
旅行に出かけることも容易ではありません。
たとえあなたが元気だったとしても、周りに心配されたり、付き添いが必要になったり、自由に行動ができなくなっているでしょう。

楽しみがなくなっていく中で、今と変わらずに楽しめるもの、それは「食事」ではないでしょうか。
しかし、そのときに「歯」を失い、満足に噛む事ができなければ、唯一の楽しみである食事ですら満足に行えなくなります。

そうならないために、今のうちから歯科医院をぜひ活用してください。

ふるや歯科では歯の大切さをみなさんに伝えながら、
お口のケアを通してみなさんの歯を守っていきたいと考えています。

80歳でも元気で、自分の歯でおいしく食事ができる生活を一緒に目指しましょう!


お口の健康は、体の健康の元

80歳になったときの楽しみだけに、歯を大切にするわけではありません。
お口の健康を守る事が、実は体の健康に直結していることをご存知でしょうか。
今のあなたの健康を守るためにも、ぜひ歯を大事にして欲しいと考えています。

・力を入れる時の支え
奥歯を「グッ」と噛む事で人は力を発揮できます。スポーツをする人にとって、歯はパフォーマンスを上げるために重要な要素を担っています。
普段の生活でも、例えばバランスを崩した時に力を入れて踏ん張ることで、転倒からの怪我を防ぐ事もできます。
お年寄りの方は怪我が原因で寝たきりになるケースも多いので、歯があることで寝たきりを防ぐことができるかもしれません。

・体のバランス調整
奥歯がなくなってしまうと、奥歯の代わりに前歯で噛むようになります。
そうなると無意識のうちに顎を前に出して噛むようになり、その状態が長く続けば猫背の様に背中が丸くなり、姿勢が悪くなってしまいます。
さらに姿勢が悪くなるとで内臓を圧迫したり、つまづきやすくなったり、腰痛や肩こりの原因など体のあちこちに悪影響を与えます。
お口は体のバランスを支える要だと言っても過言ではありません。

・痴呆予防
噛む事は脳に刺激を与え、運動能力を高めたり、痴呆の予防につながっています。

・健康維持
食後、お口の中に食べカスを放置してしまうと、それを餌に歯周病菌はどんどん繁殖していきます。
繁殖した歯周病菌はお口の中だけにとどまらず、血管を伝って全身に散らばります。
全身に散らばった歯周病菌は糖尿病、心筋梗塞、ガン、肺炎など様々な病気の原因になる可能性があります。