アクセス

診療時間

TEL
24時間ネット予約

歯周病について

歯周病と聞いてどのようなイメージをもっていますか。
「歯茎から血が出る病気」と思っている人が多いのではないでしょうか。
実は、歯を支えている骨を溶かしてしまい、症状が進行すると歯が抜けてしまうとても恐ろしい病気です。

歯を失う一番の原因を「虫歯」だと思っている人が多いですが、実際には歯周病が一番の原因です。
さらにお口の中だけではなく、心筋梗塞、高血圧、脳卒中、肺炎、肥満、などあらゆる体の病にも歯周病は関係しています。

とても恐ろしい病気ですが、必要以上に怖がる必要もありません。体の病気と違い、お口の中を常に清潔に保っていれば、歯周病は予防することができます。

まずは歯周病のことを知ることから始めましょう。

歯周病はこんな病気です

骨を溶かす病気
歯茎から血が出る病気、ではなく歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。症状が進行すると、歯が抜け落ちてしまいます。歯を失う一番の原因です。
痛みがなく進行します
虫歯と違い、歯周病は「痛み」を感じずに症状が進行していきます。気づいた時には歯がグラグラと揺れていて、手遅れの状態になってしまうことも少なくありません。
お口全体に広がります
虫歯は歯磨きに不備のある箇所で集中的に進行しますが、歯周病はお口全体に菌が広がっていきます。
最悪の場合、全ての歯が抜け落ちてしまい、総入れ歯になることもあります。
体の病気にも関係しています
歯周病が悪化をすると、菌が血管に入り込み、血液の流れに乗って全身に広がっていきます。
ガン、心筋梗塞、高血圧、脳卒中、肺炎、糖尿病など、あらゆる病気の原因になることもあります。
※歯周病を予防することが、体の健康を守ることになります。

歯周病の兆候

歯周病の進行には歯石が関わっています。
歯石は歯垢と唾液のカルシウム分がくっつき、硬くなって取れなくなったものです。
そして歯垢とは菌の塊で、食べカスなどを餌に繁殖していきます。

歯周病を予防するために、特別なことは必要ありません。
食後に歯磨きをしっかりとしていただき、お口の中を清潔に保ってください。
そして、自分では気づかない磨き残しなどをチェックするために、数ヶ月ごとに歯科医院へ定期検診に来てください。
それだけで十分に予防できます。

h3_icon 歯周病予防のポイント h3_icon

食後の歯磨き
歯科医院での定期検診
※歯周病予防に特別なことは必要ありません。

歯ぎしり(食いしばり)と歯周病について

意外に思われるかもしれませんが、「歯ぎしり」と歯周病には深い繋がりがあります。
歯ぎしりは普段の5〜6倍の力で噛んでおり、その過剰な力は、歯を支えている骨にもダメージを与えています。
歯周病も歯を支えている骨にダメージを与える病気なので、この二つが合わさることで、歯を支える骨はあっという間にダメになってしまいます。

歯ぎしりは寝ている時に起こることなので、本人には自覚症状がありません。
歯ぎしりと聞いて、ギリギリと音がするものだと思われる方が多いですが、顎を動かさずにグッと力を入る「食いしばり」も歯ぎしりと同様に歯と歯を支える骨にダメージを与えます。
そのため、配偶者など一緒に寝ている人に確認をしてもらっても、正確に判断できないこともあります。

歯ぎしりや食いしばりを行っているかどうかは、歯のすり減り具合や、内頬や舌の状態から判断することができます。
歯ぎしりが気になる方は、正確に判断するためにもぜひ歯科医院にご相談ください。

歯ぎしりには「マウスピース」が有効です

歯ぎしりや食いしばり対策に一番有効なものが「マウスピース」です。
夜寝る前に装着をしていただければ、マウスピースがクッションの役割を担い、歯と歯を支える骨を守ります。

実は院長も普段からマウスピースを愛用しています。
手入れなど手間のかかることもありますが、何十年後の将来を考えた時、歯を守るためにはとても重要なことだと考えています。
使い方や手入れの方法など、わからないことがありましたら何でも聞いてください。